INFORMATION

2020.06.08

記事掲載

婦人公論 6/23号(6/9発売)

週末ネット断食で考える時間を知り戻す

※Zoomでのインタビューでコメントを構成してもらいました。

...
2020.06.04

対論 書く力の現場

プレジデントFamily「夏」号

書く力の現場

一見「できる子」と伸びる子の違いとは

 

...
2020.03.23

essey

essey欄に青春18きっぷの旅のタイトル解読を掲載しました。

...
2020.03.09

ダンチューweb

ウルトラミラクル地下ストーリー

土合駅の地下世界を探訪しました

...
2020.03.09

Dancyu web

米をつくるということ/青春18きっぷの旅

メシ事師たち 川魚学入門

新潟浦佐の囲炉裏端の川魚料理の旅です

...

DIARY

2012.02.21

バリ・インターナショナル・メディカル・センター

Cag00ax7

BIMC(バリ・インターナショナル・メディカル・センター)で右足裏にできた傷の治療を受けた。

感染症で腫れあがり、毎日ホテルから病院通い。抗生剤の点滴を打たれ、おかげで、悪化

することもなく帰国。そのときもらったのが、治療用のキット。ホテルと航空機内で使うように

とのこと。

ガーゼはシリコン素材の高級品。日本の医者がこれを見て「へえ、バリでもこんなガーゼを

使うのか」と驚いていた。ちなみにそのクリニックでは普通のガーゼでした。

「遅れている」という東南アジア認識そのものが「遅れている」ともいえるか。

...
2012.01.17

ガス・ヴァン・サント『永遠の僕たち』

ガス・ヴァン・サントの『永遠の僕たち』を見た。といっても昨年のことだけど。余命いくばくもない女と男(少女と少年といってもいい若い二人だが)の悲恋。うんざりするほど生産されてきたステレオタイプのプロットだが、日本人の特攻隊員のゴーストも現れて、人間関係が奇妙なトライアングルで展開するのが、さすがにこの監督の面白いところ。

映像やアングルのセンスはこの作品でも光っている。茶目っ気から主役の少女にめまぐるしい早さで衣装の着せ替えをやらせている。ハリウッド五十年代映画でヒロインが着たような衣装を少し崩した感じで、これがなかなかいい。

トーマス・ヴィターベアの『ディア・ウエンディ』で少年たちが身につけた60年代のサイケデリックファッション(あきらかにジミヘンやジム・モリソンへのオマージュとして)をみたときと同じ驚きを覚えた。ちなみにかつてトーマス・ヴィターベアをインタビューしたとき、「ストイックな作品ではなくエンターテーメントも撮るかも」といっていたけれど、ディア・ウエンディはエッジのきいたエンターテーメントになっていたなあ。

で、『永遠の僕たち』だけれど、ラストの献辞として「デニス・ホッパーに捧ぐ」と出てハッとした。’10に亡くなった彼を偲んだものだが、主役をやったヘンリー・ホッパーは息子だ。映画はアメリカンニューシネマの第二世代に受けつがれているということを実感したしだい。

しかしガス・ヴァン・サントには『ジェリー』『誘う女』『エレファント』のような現代アメリカの実態をつくような作品をもう一度とってほしい。

...
2011.07.10

骨の記憶・後記(1)

実は2部のノンフィクションの核をなす金関丈夫氏の骨格標本は掲載不可となりました。

もちろん、他の標本類の写真は収録されていますが、残念です。

この経緯については、信濃毎日新聞のコラム「パソコンを閉じて」でふれています。読むことができる方はご参考に。

なお、

HBC北海道放送「山ちゃん美香の朝ドキッ!」で永江朗さんが「骨の記憶」を紹介してくれました。http://www.hbc.co.jp/radio/asadoki/book/index.html

感謝です。

...
2011.07.04

骨の記憶・創作記録(8)

鳥取砂丘の人骨が四体発見された。続報では、たて一列に直線上に西を向いて埋葬されていたということがわかった。骨は丁寧に扱わないと壊れるほど、風化が進んでいるらしい。

鳥取大学医学部に検死をたのんだということだが、おそらく人類学、考古学の範疇に入る出来事だろう。

土井ケ浜遺跡とおなじで、砂中は人骨が残りやすい。相当前に、たとえ弥生時代に埋葬されたことも考えられる。

近年の浜の浸食によって、深く埋葬されたものが、出土したということだろう。

土井ケ浜の研究者は駆けつけたのだろうか?

ただし土井ケ浜では、知る限り、たて一列の埋葬というのはなかったはずだが。

もっとも江戸時代だってないだろうが。

...
2011.07.02

骨の記憶・創作記録(7)

人類学者の馬場悠男さんと足跡考古学の真家和生さんにおいでいただいて、出版の打ち上げを。

馬場さんはもっか徳川家の霊廟を大調査中。こっそり見せてもらった将軍たちの系図に、頭骨が写真で入っていたのには、びっくりした。

代が新しくなるほどに、「貴族的」になっているのだと。そういえば面長に、口元が小さくなっている。

さらにおもしろいのは骨が朱色に染まっていること。埋葬時に遺体を朱につけ込んだらしい。

ところで、馬場さんは若いころ人類学界の腕相撲チャンピオンだったらしく、それを破ったのが真家さんだとか。当時真家さんはバーベルで鍛えていたらしい。

発掘作業などたしかに体育会系の資質が必要なのかも。

馬場さんの徳川家の骨研究はまとまれば、たぶんNHKスペシャルなどでやりそうなのだが。

...

ESSAY

2020.03.23

青春18きっぷの旅 タイトル(3)

(11) 「エロ事師たち 川魚学入門」→「『エロ事師たち』より 人類学入門」原作は野坂昭如。

たしか小沢昭一の出世作というべき作品だったような。映画で小沢といえば、その前の日本映画最高傑作の一つ「幕末太陽伝」の品川心中シーンのさえない男役も味があったね。

その相手役は幸薄かったが名女優、左幸子でしたか?

 

「ウルトラミラクル地下ストーリー」→「?」これはわかりません。きっと平成以降の映画でしょう。案外邦画のタイトル? 

 

(12) 「地下との遭遇」→「未知との遭遇」。私個人としてはテリー・ガーが出ていたのが嬉しかった。「ヤング・フランケンシュタイン」は凄いコメディでした。

 

(13)「さらば青春18きっぷの旅」→「さらば青春の光」これはもちろんDVDも持っております。

そういえば五年ほど前に「THE WHO」を武道館で聴いたとき、モッズのカーキ色コートを着た若者がいたこと思いだした。

原題は「Quadrophenia」でアルバム「四重人格」からとられているが、これはQuadro=4(?)をイメージした創作語かもしくはラテン語か。

いずれにしても、私たちは一分、一秒ごとに何かに「さよなら」しているのですね。

...
2020.03.23

青春18きっぷの旅 タイトル解読

 タイトル解読(2)

 

「だるまが俺を呼んでいる」→「霧笛が俺を呼んでいる」

石原裕次郎主演だと思っていたら、赤木圭一郎だった。スタジオでゴーカートに乗って亡くなった人。自動車事故で死んだジェームズ・ディーンのアナロジーで記憶されている俳優です。

 

「私を棚田に連れてって」→「私をスキーに連れてって」

バブル時代の空気濃厚な一作。たしか原田知世でしたなあ。

 

「続・棚田の用心棒」→「続・荒野の用心棒」 

マカロニウエスタンである。主演はジュリアーノ・ジェンマかと思いきやクリント・イーストウッドでもなく、フランコ・ネロだった。映画の原題は「DJANGO」

 

「カプチーノの夜」→「カビリアの夜」じゃないかなあ。フェリーニ作品だが、もしかすると「アメリカの夜」? こちらのトリフォー作品も名作だけど。やっぱり「カ」で始まるからね、カビリアだろうな。

 

「昼食戦線異状あり」→「西部戦線異状なし」花にとまった蝶に触ろうとした兵士が狙撃され死ぬ。でもたった一兵士の死などとるにたらないと、戦線に異常なしと報告される。そんなラストシーンだったと記憶している。 

 

「昼下がりの囲炉裏」→「昼下がりの情事」またしてもヘップバーン出演作品だ。ラストシーンは駅のホーム。父親役モーリス・シュバリエが娘役ヘップバーンの置いていったケースに入ったチェロ(?)を持って帰っていくと覚えているが、果たして正しいか?

...
2020.03.18

青春18きっぷの旅 タイトルを解説

Dancyu web  米をつくるということ/青春18きっぷの旅シリーズのタイトル

江部拓也編集長がつけたものですが、すべて映画タイトルにインスパイヤーされたもの。つまりはもじりです。

全回を私なりにその題名を推理します。

 

1)「カプチーノで夕食を」→「ティファニーで朝食を」

トルーマン・カポーティ原作でオードリー・ヘップバーンがNYのティファニーのショーウインドーの前でパンをかじるシーンが有名。当時、ティファニーでは食事はできない、といわれていたが、たしか数年前、カフェを始めたと聞きましたが。そういえば大昔、ティファニー監修のディナー・マナーの冊子がうちにあったけれど、あれどうなったか。

 

2)「ゴーン・ウィズ・ザ・ドリンク」→「GONE WITH THE WIND」説明不用の大作。

 

3)「焼きまんじゅうの罠」→「冷血の罠」藤原智美原作「恋する犯罪」の映画版。主演はVシネマ不朽の名作‼ で正解。瀬々敬久監督、相川翔、西島秀俊出演でした。

次回に続く

...
2020.02.08

Dancyu web

「焼き饅頭の罠」 Dancyu web  青春18きっぷの旅

今回は各駅停車で高崎まで進みます。

...
2019.12.31

謹賀新年 手作り無農薬の魚沼コシヒカリ(原種)から始めます

Img_0737 Img_0740

ついに無農薬、完全手作りの魚沼、まつだい棚田の原種コシヒカリが精米されて届きました。

田植えから草取り、稲刈りまで手作業で汗を流した結晶です。

無理をいって中米、くず米、再選別米もそれぞれ2kgずつ精米してもらいました。

2020年正月はこれで炊いたご飯からスタートします。

すでに掲載中のDancyu web 「米をつくること」を読んでください。

...

著作本のご案内

「ネットで『つながること』の耐えられない軽さ」を改訂し、第5章を追加。
山根基世氏の解説。

「つながらない勇気」
(文春文庫)
2019年12月5日発売
定価(本体640円+税)
生きがいのある老後に必要なものとは
「暴走老人!」に続いて老年の価値を問う

「この先をどう生きるか」
(文藝春秋)
2019年1月12日発売
定価(本体1,200円+税)
讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD