« 「食する映画たち」4 嗜好571号(2004/5月)掲載 | トップページ | 「昏睡」(アーティスト・ハウス) »

2004年5月 1日 (土)

「食する映画たち」5 嗜好571号(2004/5月)掲載

 料理が映画の中心に躍り出たのは、やはり『バベットの晩餐会』からだろう。これ以上ないというほど、料理がスクリーンで完璧に芸術していた。あの映画が 評判になった当時、バベットがつくったフレンチフルコースをそのまま再現して提供する、という企画があったことを思いだした。だから料理の詳細についてこ こでふれる必要もないだろう。
 たしかにすばらしい料理は食べる人を幸福にする。その真理をあれほど力強く描いた作品はそれまでなかった。ぼくは『バベットの晩餐会』が料理と映画の関 係を変えたと思っている。以降、さまざまな映画がつくられた。が、料理が単なる小道具ではなく、人間そのものを描く重要なモチーフになるということを発見 したこの作品がなかったら、映画状況もいまとはいささか異なったものになっていたかもしれない。
 たとえば『ショコラ』や『宮廷料理人ヴァテール』のような作品ははたして生まれただろうか?
 洋画だけではなく、邦画にも食のシーンはある。が、それほど心に残るものは多くはない。日本人が料理を一つの快楽として、一般的に愉しむようになったの は、考えてみれば最近のことだ。
 けれどやはり印象に残る場面はあるのだ。健啖家だった小津安二郎の作品では、ラーメンからトンカツ、カラスミまでいろいろ出てきた。どれもじつに旨そう だった。人によっては『お茶漬けの味』で木暮実智代と佐分利信が食べるお茶漬けを、一番にあげるのかもしれない。お茶漬けといえば『麦秋』で原節子もかき こんでいた。遅く帰って、ひとり台所で食べるのだが、それを色気があると評した人がいたけれど、ぼくには原節子の色気はほかにあると思う。
 じつは『麦秋』のなかにはそれを感じさせる食のシーンがあった。義理の姉役の三宅邦子と原節子が夜、子供たちに内緒でショートケーキを食べる。とても厚 みのある豪華なケーキだった。モノクロで詳細は映像化されていなかったが、1951年というから戦後まもないころで、たいへん高級品だったはずだ。それを 二人の女優がこそこそと愉しく口にするシーンは、まちがいなくある種の色気が漂っていた。
 この場面にはオチがある。じつはそこに近所に住む子持ちの男が尋ねてくる。彼は運良く、そのケーキにありつきご馳走になる。「こういうのちょくちょくや りたいなあ」などと暢気なことをいう。けれどその後、物語は急展開で原節子はその男と結婚することになるのだ。つまりそのケーキこそ、後で考えればあれが ウエディングケーキにほかならなかった、というオチである。ほのぼのとして、うまそうな食のシーンである。ぼくのナンバーワンの場面をあげろいわれたら、 いうまでもなくこれということになる。
 この原稿を書いていると、さまざまな場面が浮かんでは消えた。そのたびに食欲が刺激される。さてこんどはどんな食のシーンに出会うことができるか。

嗜好571号 (2004/5月)掲載

« 「食する映画たち」4 嗜好571号(2004/5月)掲載 | トップページ | 「昏睡」(アーティスト・ハウス) »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD