« 殻付きカキ | トップページ | 末期社会 »

2008年4月18日 (金)

「思索の時代」 (2008.4.18)※このエッセイは西日本新聞「本の森」発表の記事に大幅な加筆改稿したものです。

 英国のSF作家、アーサー・C・クラークが亡くなった。多くの作品を残したが、なかでも有名なのが『2001年宇宙の旅』だ。スタンリー・キュブリック によって映画化もされた。
 その作品で印象的だったのが、HALの反乱である。高度に発達したコンピュータが人間に反乱を企てるという着想は、もしかすると未来には、そういうこと もあるかもしれないと思わせた。
 しかし、現代科学の延長において、そんなコンピュータをつくれないということは、ほぼはっきりしている。人間の思考を情報処理というシステムに置き換え ること自体が、不可能なのだ。
 思考の手前には意思がある。これを科学技術によってつくりだすことはできない。さらに意思という「心」の手前には「感じる」という内面の動きが存在す る。これは言葉にすらできない微妙で瞬間的な意識、感覚でもある。
「考える」ということは「感じる」という心の動きを前提にしている。人間はまず感じなければ、考えることはできない存在であると思う。「思い」がなければ 考えることすらしないはずだ。思考とはけっきょく人の感情や思いを伴いながら、深まったり発展したりするものなのだ。
 が、どうも最近、その思考がヘンだ。感じるということと無関係に、ひとつの考えがあたかも自動化されて出てくるような場面を目撃する。コンピュータで情 報を検索し、それらをパッチワークして、まるで自分の思考のように誤解してしまう人が少なくない。情報処理と思考が一緒くたになっている。雑誌や本で、や たらと情報整理術という言葉が踊っているのも、そのあらわれか。
 自力で考えることを放棄して、検索に走る。思考は検索という言葉に転換してしまったかのようにも思える。しかし、みずから考えるというやめてしまっては もはや人間ではない。HALは生まれなかったが、人間がコンピュータ化してしまってはもともこもないではないか。

※このエッセイは西日本新聞「本の森」発表の記事に大幅な加筆改稿したものです。

« 殻付きカキ | トップページ | 末期社会 »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD