« タイアップ | トップページ | 「観覧車は永遠に回る(3)」 (2009.4.27) »

2009年4月25日 (土)

「アルコール依存症」 (2009.4.25) WEB限定掲載、書き下ろし

 A氏の事件について。あれほどメディアが大騒ぎしたのに、家宅捜査についてはファンの一部が抗議したくらいで、ほとんど論調がみられないのは、そうとう におかしい。あきらかにやりすぎだからだ。背景には有名芸能人相手の点数稼ぎがある。
 薬物検査でシロだったという点からして不必要な捜査だった。
 A氏の場合、残念ながらアルコール依存症の疑いが濃い。事件の様相と会見での彼の受け答えで専門家ならずとも、少しでもアディクションについて聞きか じったものはわかる。
 彼は「今は、飲むきはない」と発言し、「今は」を強調していたし、成長したあかつきには「食事の時に楽しく飲みたい」趣旨のことをいっていた。誠実さゆ えの本心の吐露である。
 また「なぜ飲むのか?」という問にしばらく言葉が出なかった。なんと答えていいのか分からなかったからだ。「ストレスがたまっていて」などというステレ オタイプの答えは不誠実に感じたからだろう。ほんとうのところ本人にもなぜかわからないからだ。
 依存症になると毎日、グラスに口をつけるから、飲酒行動に日々、違った理由を求めることは困難。つまり「そこに山があるから」「そこに酒があるから飲 む」式の答えしかないのが、アディクションだ。
 まだ三十代前半という年齢だから、治療=断酒しなければ、アルコール依存症は破滅的な状況を迎える。ほんらいは周囲が気づき断酒させなければならなかっ たし、これからそうしなければふたたび同じようなことが起こる。日本の依存症をとりまく環境のお粗末さ、意識の低さが招いた不幸である。
 彼自身、そのことに気づいていない。依存症の人間は周囲が気づいていても、本人は分からないのが常。だからいつか「成長したら節度のある飲酒を」という ような考えが出るのだろう。
 スケジュールがいつもいっぱいで、人気者の人生を歩むなら断酒しかない。
 草食系という言葉があるが、そのスタイルは閉じこもり的である。社交的に飲むというより、一人、家で飲む方を好む依存タイプもまた、草食系にみえるとい うにすぎない。飲むために一刻も早く家に帰る、という「草食系」もいるのだ。
 アルコール依存症についての名著『アルコール・ラヴァー』(キャロライン・ナップ著)をひっぱりだして、また読みたくなった。
 A氏のことも、アルコール依存症についてもリアルにわかります。

« タイアップ | トップページ | 「観覧車は永遠に回る(3)」 (2009.4.27) »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD