« ウォッチメン | トップページ | オステオパシー »

2009年5月12日 (火)

「幻影の書」 (2009.5.12)※昨年、西日本新聞に書評として寄稿したものをもとに書きました。

 この小説は家族を飛行機事故でなくした男の悲痛を描いている。しかし、ストーリーはいつのまにか、一個人の沈潜する心理から解き放たれて、思いもよらぬ 展開をみせる。
 男はサイレント映画のコメディ俳優、へクターに魅せられ一冊の本を書きあげる。その主演作品には透明人間をモチーフとしたものがある。つまりは姿を失っ た男の話だ。これは一つの象徴である。やがてこの小説世界は読者の前に「失ったもの」をめぐる物語として立ち現れてくる。家族を失い、恋人を失い、そして 過去の栄光を失った二人の男の物語である。
 しかし、ただ失うだけではない。彼らはひたすら「何かを捨てて逃げる」のだ。なぜか?
「人は追いつめられて初めて本当に生きはじめる」からである。その結果、
「いまや誰のようでもあり、誰のようでもなかった。まさしくミスター・ノーバディだった」となる。
 ポール・オースターの愛読者にとって、二人の男、誰のようでもない自己、という設定はおなじみのものである。
 それにしてもこれは、三〇〇頁をこえる長編ながら、つねに求心力を保つことに成功した力強い作品である。あらすじだけ語ると、どこか陳腐で絵空事に感じ られるかもしれない。しかし、読み手の気持ちをつかんで離さないのは、そのシャープな文体がゆえだろう。
 ことにおもしろいのは、各所に挿入される映画のシーンを描写するところ。とかくつまらなくなりがちな部分だが、むしろ私はそんな映画を見てみたいとさえ 思った。それくらい出色である。オースターという作家は、映像的な想像力と小説的想像力をかねそなえた不思議な魅力をもっている。
 小説という虚構のなかに仕掛けられた映画という虚構。それらが反復されるなかで、私たちはいつしか、作中の現実と虚構の境界線を見失い、心地よくさまよ うことになる。それはまさにへクターがはく言葉そのもだ。
「人生とは熱病の生む夢だ」
 現代人は少しでも多くのものを獲得しようともがいているが、この二人の男は正反対に「捨てること」で生き延びようとする。その姿にシンパシーを覚えるの は、バブリーで下卑た空気がはじけ飛んだこの時代だからこそか。
 秋の夜長、じっくり読み浸りたい一冊である。

※昨年、西日本新聞に書評として寄稿したものをもとに書きました。

« ウォッチメン | トップページ | オステオパシー »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD