« 「腐敗しゆく言葉」 (2009.5.15) WEB限定掲載、書き下ろし | トップページ | マスク »

2009年5月16日 (土)

メジャーリーグと涙点

TV観戦では試合よりも観客席がおもしろいことがある。
レッドソックスホームのフェンウエイパークでは、スティーブン・キングがときどき映し出されていた。
一昨年までは。去年は見なかったが体調でも悪いのか。
NHKのアナウンサーも解説者も顔を知らないらしく、頻繁に映し出されるキングを「熱狂的なファンのおじさんもいます」と、ぼけておりました。
バックネット裏の席はいつもおなじみの顔が並んでいる。
PBSニュースキャスター、ジム・レーラー似の男性(よく見るとそれほど似ていない)は主審の左後方に陣取り、絶対に欠席がない。
たいていブルー系のシャツである。
その右後方の男性は、なぜかいつも大きなヘッドフォンを付けている。
ラジオ同時観戦か。
映画『FEVER PITCH』(ドリュー・バリモア主演で邦題はたしか「二番目のキッス」というよくわからないもの。
本来なら「熱投」である)は、熱狂的なレッドソックスファンが主人公。
そこではバックネット裏の席が父親から譲られたものとして描かれていた。
どうやら、フェンウエイパークのシート権は代々受け継がれるものらしい。
しかも、あまりに貴重なので、だれも手放さないという。
高値でオークションされたりするのだろうか。
ヤンキースタジアムが最高価格シート25万円(最近値を下げたらしいが)。
フェンウエイパークはいくら?

涙が止まらない。
昨年から眼科で見てもらっていて、目にある涙点といういわば配水管(鼻孔につながり涙は鼻水になる)がつまり気味なのだ。
そこで目からこぼれてしまうというしだい。
最近では、大学病院の一部で涙管チューブを挿入し広げる手術をやっている。
それで排水をスムーズにする。
でも、「この程度では必要ないでしょう」と医師。
これまで、この手の症状はずっと放っておかれたもの。
病気ではないという診断だった。
涙がこぼれたらふけばいいのだ。
目にとって特に悪いことが起こるわけではない。
で、様子を見ることに。先延ばしの解決である。

« 「腐敗しゆく言葉」 (2009.5.15) WEB限定掲載、書き下ろし | トップページ | マスク »

DIARY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD