« 人間顔のクモ | トップページ | ウィガン波止場への道 »

2009年6月 3日 (水)

「鏡と映画」  (2009.6.3) WEB限定掲載、書き下ろし

 ジョン・マルコヴィチ主演の映画『クリムト』には、ヴィトゲンシュタインが出てくるが、その姉をクリムトが描いているということは知らなかった。なんと なく同時代の存在としてだしてきただけではなかったのだ。
 さてこの映画には鏡が随所に登場する。作中、画家クリムトが見る鏡は実はマジックミラーで、むこうにもう一つ別の部屋=世界が広がっている。鏡に映った 自分を見ているようで、自分が他者に見られているという視線の二重性が描かれる。
 映画の中でモチーフの重要なアイテムとして鏡を用いるのは、もちろん珍しいアイデアではない。が、世紀末の画家としてイメージされるクリムトと重なるこ とで、二〇世紀という時代の映画と写真、絵画のもつれた糸がおぼろげに見えてくる。
 鏡は水鏡を源とする。水面に映った自画像におぼれ死んでしまうナルシス――。それから金属鏡が貴重な神器や権力を象徴する道具となる。自己を見ることが できる道具はそれしかなく、特権的なモノとして存在していくこととなる。
 銀塗布による鏡が登場し、大量生産されるとそれは一般化する。だれもが日常的に自己の姿を見るというかつてなかった時代に入り、人は自己と他者と個とい う観念の海の中に入っていくことになる。
 その時、鏡はたんに自己を映し出す装置として意識されるだけでなく、その向こう側の世界、ここに映し出されている自分ではない自分、という幻想にとらわ れていくこととなる。
 向こう側の世界ということでは『不思議の国のアリス』であり、コクトー監督の『オルフェ』である。そこに映し出された自己への信頼の揺らぎ、あえてそれ を他者と自己という近代的弁別への不安としてみれば、同じくコクトー『美女と野獣』となる。そこではジャン・マレーと野獣との二重性として描かれる。
 しかし、『クリムト』で描かれた鏡はそうした向こう側の世界や自己の二重性を描いて見せたようでいて、実は映画という方法の本質をそこに抽出したかった のではないかと思う。作中にメリエスが登場し、映画の原初的風景をかいま見せるあのシーンもそれと無関係でないだろう。つまりはベンヤミンの「複製技術時 代の芸術」というテーマそのものだ。
 さまざまに大量にコピーされる映像、そこに張りついていく自画像、映画からIT時代の現代にいたるまで繰り広げられているオリジナルと複製という「対 立」を、世紀末のクリムトは画家であるがゆえに、鮮烈に感じとったということもできるし、そのようにこの映画は描かれていたのだという気がする。
 自画像のコピー装置としての鏡ということでは『イブのすべて』のラストシーン、重ね合わされた姿見に映し出される無限の女優像が、思い起こされる。おそ らく鏡と映画という本が書かれるとすれば、最終章はこのシーンということになるのだろう。
 タルコフスキーの『鏡』についてふれる余裕がなくなった。鏡について考えることは異様に疲労する。もうやめ。

« 人間顔のクモ | トップページ | ウィガン波止場への道 »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD