« 壁と卵 | トップページ | 子どもの将来は『寝室』で決まる »

2009年7月11日 (土)

「1989年」  (2009.7.11) WEB限定掲載、書き下ろし

 1989年から20年たったのに、あまり20年が強調されないのは、なぜだろう? と、ときどき思う。
 1989年はいまから考えれば、世界の大きな分岐点だったはずだ。
 きっとその年が平成元年で、今年は21年だから、もう二十年はとっくにすぎたという感覚だろうか。
 女子高校生がコンクリートに埋められたり、坂本さん一家が拉致殺害されたり、東京近郊に暮らしていた幼女たちがつぎつぎに殺されたりという、殺戮があっ たあの年だ。
 そして世界では東欧革命、天安門事件の年として記憶される。
 もし天安門事件が学生市民の勝利で終わっていたら、チベット、ウイグルの状況はかなり違ったものになっていたような気がする。
 ともかくそれ以降、世界は生産、消費活動だけでなく、金融と情報のグローバリズム化の道を一直線に突き進んだ。
 それは世界が緊密に結びつき、融和が進む道筋のようにみんな考えていた。今から考えると、インターネットが世界を一つの結びつけるなどという楽観を、な ぜ人々は信じたか不思議だ。
 「歴史は終焉」するなどというフクヤマという人のホラをなぜ信用したのか。
 現実に起こったのは、融和とは正反対の新しい民族主義と原理主義の対立の連鎖だった。
 けっきょく、グローバリズムは近代国家を基盤とする帝国主義を一気に衰退させたが、その一方で民族対立と宗教的拝外主義を蔓延させた。
 日本でも拝外主義はかつてなく強くなった。それは簡単な理由だと思う。かつてのように私たちは隣国を経済的高みから眺める余裕をなくしたのだ。相対的に 私たちは貧し くなった。貧しさの意識は他者への憎悪を生む。いまある他者への憎悪と拝外主義的な姿勢の背後には、私たちの貧しさと展望を切り開けない現 状がある。
 くたびれた家のなかから、どんどんリッチになる隣の家を眺めるのは、はがゆいと感じる人が多いのだろう。
 ともかく1989年以降、私たちは他者への余裕をなくし、憎しみをたぎらせる道を歩み始めている。

« 壁と卵 | トップページ | 子どもの将来は『寝室』で決まる »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD