« 世界遺産 | トップページ | 引き返す勇気 »

2009年7月20日 (月)

「ランド 世界を支配した研究所」 (2009.7.20)※西日本新聞に本年2月に発表した書評を改稿したものです。

「ランド 世界を支配した研究所」(文藝春秋)の書評

 スタンリー・キューブリック監督作品『博士の異常なる愛情……』の冒頭は、モノクロ映画のなかでも、もっと有名なシーンにちがいない。核爆弾を搭載した 爆撃機が空中給油を行っている。ジュラルミンの機体が陽光に輝き、優雅なストリングスの調べが美しいあの場面だ。
 しかしなぜ、空中給油か? こうすれば地上が核攻撃を受けても、空中で生き残った機がソ連を攻撃することができる。この戦略を考案したのは数理論理学 者、アルバート・ウォルステッター。彼はフェイルセーフ(多重安全装置)という概念をつくりあげた。
 だれしもどこかで耳にしたことがある用語だろう。あらゆるミスや偶発性を考慮して、常に安全に機能が働くように設計、計画する考え方である。実はこの設 計思想は一九五〇年代の東西冷戦から生まれたのだ。
 ウォルステッターは「ランド」と呼ばれる研究所の中心的人物の一人だった。本書はこの「ランド」について書かれた労作である。世界でも最初といえる本格 的なこのシンクタンクには、当時アメリカで有数の「頭脳」がさまざまなジャンルから結集し、軍産複合体の戦略、そして時の政権への政策立案を手がけてい た。
 その根底にあったのは、軍事、政治はもとより、社会の動き、人間の行動さえも数値化し予測できるという考え方だ。この数値合理主義が、のちにさまざまな 思考方法を誕生させた。
 たとえば「囚人のジレンマ」に代表される「ゲームの理論」、さらに「システム分析」などのほか、現在のインターネットに通じるシステム思想もあった。
「ランド」の遺産は、現在にも引き継がれている。ラムズフェルド前国防長官、ライス前国務長官、歴史家のフランシス・フクヤマなどは、「ランド」の理事や 理事長を務めた経験がある。
 つまり一世を風靡したネオコンと、市場は常に「合理的選択」をするという市場絶対主義もまた、このシンクタンクの流れをくむものなのだ。「ランド」は二 〇世紀後半から現在にいたるまで、アメリカによるグローバリズムとともに、世界中にばらまかれたということもできる。
 二〇世紀の現代史を中枢で操ったシンクタンクを知ることで、現代社会の「つくられ方」を知ることができるかもしれない。

※西日本新聞に本年2月に発表した書評を改稿したものです。

« 世界遺産 | トップページ | 引き返す勇気 »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD