« 書評 | トップページ | ブログで書評 »

2011年6月 3日 (金)

政治家という仕事

なんでこんなことばかり続くか、という疑問を持つ人は多いと思う。もちろん、政治の話。

理由は、そもそも国政を目指す政治家(地方議員ではなく)のキャラクターと、その仕事に求められる資質に矛盾があるからだ。

彼らは概して権力、権威が大好きであるし、自分がなにより大好きだ。人一倍、自己中で、それを満足させてくれる、あるいは、くれそうに見えるのが国会議員や大臣という仕事なのだ。

当然、この仕事を求めて集まってくる人々は、そうしたキャラの持ち主が多くなる。いやほとんどだ。過去にこの仕事がむいていないと、選挙に落ちたわけでもないのに辞職した自民党の国会議員もいたけれど、その人はフツーに権力や権威が好きなだけで、人一倍、何が何でもというがむしゃらさがなかったから、内実のくださらな、ストレスにどうにもたえられず、椅子にしがみつくのをやめてしまった。

しかし議員、大臣というのは民の代理でなければならない。それが代理制民主主義。あくまで民のために働くのであって、そのためには自己顕示欲を殺し、私利私欲を捨ててひたすら汗を流す。権力や権威をかさにきてはならない。

つまりそれこそが議員になろうかという人にとって、一番苦手な行為であり、自己のキャラに反することだ。

結果、国会議員という仕事に集まって来る人は、国会議員という仕事に求められているキャラと正反対の人ばかり、ということになる。これは宿命であり、大小はあっても古今東西を問わない。つまり政治家いう職業はこうした存在の矛盾をそもそも抱え込んでいるということになる。

たとえば、かりに警察官という仕事がもとめるキャラが、盗みや暴力欲求を内包した人間であるなら、世の中どうなるか。成り立たないでしょう。

政治家の自己中的行為全開の暴走を唯一、制御できるのが選挙だが、それがいわばメルトダウンしてしまったあとは、もうどうにもならない。四年は我慢し、そしてまた暴走という繰り返しでしかない。

そしてもう一つ、政治家の重要なキャラがある。全員一匹オオカミなのだ。自己中で権力権威が大好きということは、所詮一匹狼で、他人の指示やいうことなどききたくない。そういう人々が政治家である。こういうとオオカミに失礼だけれど、たとえとしてはそういうこと。

他者からの承認と賞賛をだれよりも、自分一人が受けたいというキャラは選挙運動と当選の万歳をみればあきらか、でしょ。

つまり組織に縛られたくないのが政治家である。それがなぜ徒党をくむのか。自己実現の計算のなかで、仕方なく、にちがいない。だから少しの政界状況の変化によって、離合集散をくりかえすことになる。

政界再編などというもっともらしい言葉でくくられるこの二十年のごたごたは、なんのことはない、政治資金の環流システムがくずれ、上意下達、親分子分のヒエラルキーがくずれたからだ。政界再編という動きは自己基盤の安定、上昇を計算しての個々の政治家の「運動」でしかない。政治家の資質が大きく変化、低下したわけではなく、もともとそういう人々が政治家なのです。

ああ、それにしても、目を赤く染め、いまにも涙をながさんばかりにひな壇でうなずいた、あの人の自己陶酔ぶりは、すごい。あれがあるから政治家を辞められないのでしょうか。

« 書評 | トップページ | ブログで書評 »

ESSAY」カテゴリの記事

著作本のご案内

讀賣新聞夕刊に連載された人気コラム
「スパイス」から選び抜かれたエッセイを
加筆改稿、書き下ろしを加えた

「あなたがスマホを見ているとき
スマホもあなたを見ている」

(プレジデント社)
2017年12月13日発売
定価(本体1,300円+税)
2006年に刊行されて、
「プレジデント・ファミリー」など
新しい教育雑誌発刊の火付け役になった本の文庫化

「隠れた日本の優秀校」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年5月14日発売
定価(本体680円+税)
2011年に刊行され
ネット等で評判になった文章読本
これを大幅改稿した文庫本

「文は一行目から書かなくていい」
(小学館文庫 プレジデントセレクト)
2017年2月7日発売
定価(本体650円+税)
もし子供部屋がなかったら、
その子はどこで自分を見つめ、
自力で考え、成長する力を得られるのか?
子供と個室と想像力への考察

「なぜ、『子供部屋』をつくるのか」
(廣済堂出版)
2017年2月1日発売
定価(本体1,500円+税)
何かあるとすぐにネットで検索。
止まらないネットサーフィンで、気づくと1時間。
LINEの既読が気になって仕方がない・・・・・・
ネット漬けの日常から逃走し、「自分」を取り戻す

「スマホ断食」
(潮出版社)
2016年7月5日発売
定価(本体1,200円+税)
ネットは人を幸福にするのか?
「ネットことば」が「書きことば」を追いはらい、思考の根本が溶けていく。
それは500年に一度の大転換

「ネットで『つながる』ことの耐えられない軽さ」
(文藝春秋)
2014年1月30日発売
定価(本体1,100円+税)
エリエスのセミナーに5年以上通っているベストセラー作家が、「過去出席したセミナーの中でベスト2に入る」と絶賛した、伝説のセミナー収録CD
CD2枚組
「時代を切りとる文章講座」
(エリエス・ブック・コンサルティング)
2011年10月13日発売
定価10,500円(税込)
「骨の記憶」
(集英社)
2011年6月29日発売
定価1575円(税込)
「文は一行目から書かなくていい」
(プレジデント社)
2011年5月30日発売
定価1300円(税込)
文春文庫「暴走老人!」
(文藝春秋)
2009年12月10日発売
定価533円(税込)
集英社文庫「脳の力こぶ」
(集英社)
2009年3月18日発売
定価500円(税込)
朝日新書「検索バカ」
(朝日新聞出版)
2008年10月10日発売
定価777円(税込)
「なぜ、その子供は
腕のない絵を描いたか」

(祥伝社黄金文庫)
2008年7月24日発売
定価580円(税込)
「暴走老人!」
(文藝春秋)
2007年8月30日発売
定価1050円(税込)
科学と文学による新「学問のすすめ」
脳の力こぶ

(集英社)
2006年5月26日発売
定価1575円(1500円+消費税)
絵本「私を忘れないで」
(インデックス・コミュニケーションズ)
2006年5月25日発売
定価1260円(税込)

このサイトに関する、ご意見・お問い合わせはinfo@fujiwara-t.netまでご連絡下さい。
Copyright (c)2010 FUJIWARA Tomomi All right reserved.
掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。
Supported by TOSHINET.CO.LTD